【WonderBox】4歳児でも充分に使えます!

自粛期間に、自宅での過ごし方を考え、気になっていたSTEAM教育の教材『WonderBox』を始めました。
http://bengoshimama.com/2020/06/19/post-387/

あまりスマホやタブレットを触らせておらず、我が家の4歳児にも使えるのか不安でしたので、導入当初の様子をご紹介します。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

未就学児向けの『ジュニアランド』

ワンダーボックスのアプリには、10種類のゲーム(教材)があります。

その中に『ジュニアランド』といういくつかのミニゲームの詰まった教材があり、これが4歳児は一番のお気に入り。

他の教材では、少し難しくて教えて欲しがるものもあるのですが、『ジュニアランド』のミニゲームはどれも4歳にちょうどいい難度です。

例えば、左右の矢印を順番にタップして、キャラを台の上から、下のフラッグまで移動させるもの。
穴空きになっている道路を複数のパネルから選択してつなげるもの。
一筆書きで星をつないでいくもの。
見本のイラスト通りにキャラに洋服を着せていくもの。

簡単すぎるわけではなく、進んでいくうちに少しずつ難しくなるので、自然と上手になっていくようです。
その流れで、『ジュニアランド』以外の教材の意図も分かるようになったこともありました。

ジュニアランドは、年中・年長さんだけに出題される、ワンダーボックス全体の導入教材です。文字が全くなく、タブレット・スマホに初めて触れるお子さまでも、「触ってみよう」「どうしたらいいか手を動かしてみよう」と思える直感的なデザインになっています。

導入教材ですので、問題数は限られていて、数ヶ月目からは繰り返しになっていきます。タブレットやスマホの操作に慣れているお子さま、シンクシンクに慣れているお子さまなどで、少し簡単かなという場合には、すぐに卒業してもらって構いません。

https://box.wonderlabedu.com/about/20200325.html

ワンダーボックスの公式サイトでも、このように説明されていたので、これまでアプリのゲームを触ったことがない我が家のような場合でも、『ジュニアランド』で慣れていくように出来ています。

使いすぎないような工夫も

我が家のように、タブレット等を触らせることに少し抵抗のある家庭もあると思います。
でも、現在の子供たちは、当たり前にタブレットやスマホがある時代を生きていくことになるので、上手に付き合い方を覚えていかなければいけないとも思っています。

ですので、様子を見て、少しずつ触らせていこうかなーと考えています。

ワンダーボックスは、一日の利用時間を設定できるようになっています。
また、連続使用時間も自由に設定できます。
10分使ったら1分休憩をとるように設定していますが、ゲームの途中で途切れることがないようになっていて、これは良くできているなーと思います。

現在は1日1時間の設定にしていますが、毎日やらせているのではなく、本人が「ゲームやっていい?」とやりたがった時だけにしています。

他にも、娘が気に入ってやっている教材も紹介していこうと思います。
オンラインでの説明会もあるので、気になった方は参加してみてください。
https://box.wonderlabedu.com/

紹介コード: qXX96Sbul1IT

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 子育てブログ 2015年4月~16年3月生まれの子へ
にほんブログ村
ランキング参加しています

にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村 子育てブログ 2015年4月~16年3月生まれの子へ
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする