【生後6ヶ月頃から】ベビーサイン 赤ちゃん手話

ベビーサインというものをご存知でしょうか。
赤ちゃん手話、とも言われるものです。

ベビーサインを使える赤ちゃんは、癇癪泣きが少なく言葉を覚えるのもスムーズだという体験談を耳にして、私も興味を覚えました。
我が家では生後8ヶ月頃から教え始めて、生後11ヶ月の頃に娘もベビーサインを使えるようになりました。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

1.ベビーサインとは

すでにお子さんをお持ちの方はご存知の通り、子供が声を出すまでの過程はクーイングから始まり「まんま」等の初語に至る長い道のりです。
自分に向けられた言葉の意味を理解できる時期になっても、赤ちゃん自身から「何がしたい」という欲求はまだ伝えられません。

赤ちゃんにとって声を使って話すのは難しいことです。
発声するためには口や舌や喉の筋肉、言語能力の発達が必要なのです。
でも手や指は比較的早くから自由に動かすことができます。

ベビーサインは、手話のようなもので、手の簡単な動かし方に意味を持たせて覚えさせ、家庭でのコミュニケーションに使うのです。
例えば、両手をグッパと閉じて開く動作を「おっぱい」と教えると、赤ちゃんがおっぱいが欲しいときに自分からサインを出して伝えてくれるのです。

2.ベビーサインの教科書

ベビーサインに関する本や、講習会のようなものは沢山あります。
が、正直なところお金を払って勉強しなければいけないようなものではありません。

手話と違って、ベビーサインはお喋りできるようになるまでの時期、家庭の中だけで使うものです。
他の人と共通言語である必要はありません。
家庭の中で、独自のものを作ればいいと思います。

ただ、赤ちゃんにもサインをしやすい、難しくないものである必要があります。
指の細かい動きなどは赤ちゃんが真似をするのが難しいので、そういった意味で本やweb上のものを参考にするといいと思います。

参考までに、私が購入した本はこちらです。

基本的なものがイラスト入りで載っているので、他に必要な単語はこの本に載っているサインを応用して使っていました。

次回、我が家でどのように教えていたのか、本当に使えるようになったのかを記事にしたいと思います。

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 子育てブログ 2015年4月~16年3月生まれの子へ
にほんブログ村
ランキング参加しています

にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村 子育てブログ 2015年4月~16年3月生まれの子へ
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. ここ より:

    ベビーサインの記事お願いします!

    • ベンママ より:

      ここ様

      お返事遅くなりました!
      書こう書こうと思いつつ先延ばしにしていましたが(笑)、リクエストいただいたのでさっそく記事にとりかかります。
      我が家では、かなり役立ったし言葉の発達にも貢献したと思うので、ぜひ色んな方に試して欲しいです。
      今週中にアップしますので、しばらくお待ちください。