【おもちゃ】0歳代のオススメおもちゃランキングBEST10【10位→6位】

娘は現在1歳2ヶ月。
毎日よく遊び、よくお喋りをし、絵本や図鑑が大好きで、物怖じしない好奇心旺盛な子に育っています。

そんな娘が0歳の頃にお気に入りだった知育玩具・おもちゃのBEST10をご紹介します。
後編の5位→1位はこちらの記事です。

【おもちゃ】0歳代のオススメおもちゃランキングBEST10【5位→1位】
娘は現在1歳4ヶ月になりました。 毎日よく走り回って遊び、よくお喋りをし、絵本や図鑑が大好きで、物怖じしない好奇心旺盛な子に育っています。...

ところで、私は子供の教育に関心がある親の部類に入るとは思うのですが、「幼児教室」に関しては懐疑的です。
娘にはたくさん「遊ぶ」ことで、知的な、また身体的な刺激を味わって欲しいと思っています。

幼児教室には、「同伴する親・お友達・先生と交流する」という意味以上のものがあるんでしょうか?
もちろん、保育園や幼稚園に行っていないと、同居家族以外と触れ合うこともないので、それ自体意味は大きいかもしれません。
幼児教室に行かれる方を否定するつもりはありませんが、私自身は幼児教室の必要性を感じていません。

幼児教室に通うだけで、子どもの知的な成長に良いことをしたつもりになってしまうとしたら、それは残念だなと思います。
もちろん、幼児教室に通って親子の交流をサポートしてもらい、それを自宅でも活用できるというのは良いことだと思います。

私としては、0歳や1歳から習い事をするなら、身体を動かすことや音楽に親しむようなものが良いと思っています。

そんな訳で、娘が0歳の頃に用意したオモチャは、首すわり→腰すわり→ハイハイ→タッチという身体の発達を促すもの、オモチャを通じて娘と関われるもの、といった基準で色々選びました。
もちろん、娘自身の好みがあり、全然ヒットしなかったオモチャもあります・・・。
娘に大変好評だったおもちゃをご紹介します。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

10位 ベビージム(TINY LOVE ジミニー・ムーブ&プレイ

これは、産後すぐから0歳8ヶ月頃まで大活躍でした。
アーチのてっぺんに音楽が鳴って光るパーツがついているのですが、生後2ヶ月くらいはこれはあまり使わなかったです。
つけても娘があまり反応しなかったというのもありますし、電子音が私にとって心地よいものではなかったので・・・。

0歳2ヶ月を過ぎた頃から、これをつけると目でしっかりと見て反応するようになったので、使うようになりました。

娘は、0歳3ヶ月頃に寝返りの自主練を始めたのですが、アーチについているおもちゃやミラーに手を伸ばして練習を始めたようです。
寝返りをしたあとは、マットについているヒモやカシャカシャなるパーツを引っ張ってしゃぶったりして、ずりばいに移行しました。
アーチの角度を簡単に変えられるので、ずりばいを促すようにアーチの角度を変えることができます。

まだ自分で動かない赤ちゃんのリビングでの居場所としてもよいです。マットは丸洗いできるので。
処分する際もコンパクトになるのが、地味に嬉しいです。
お祝いで贈るのにもよいと思います。
アーチについていたおもちゃは取り外して、いまはジャングルジムにぶら下げたりしています。

9位 コンビ ひもだいすき

使っていた期間は短いのですが、本当にお世話になりました!

0歳3ヶ月の頃に購入し、3ヶ月間ほど娘の一番のお気に入りでした。
ちょっと心配になるほど、夢中でしゃかしゃかしていました。

タオルが2重になっていて、かしゃかしゃとビニール袋のような音がなるようになっているのです。
周囲にはヒモがついていて、端っこにはタグがついているのですが、ヒモやタグをつまんだりしゃぶったりと、隅々まで楽しんでいました。

生後5ヶ月くらいから国内旅行で飛行機や新幹線に乗ることがあったのですが、その際にとても重宝しました。
音も飛行機や電車の中で気になるものではないし、かさばらないので持ち歩きに便利です。

8位 ツインラトル

定番のボーネルンドのツインラトルです。
ものを両手でつかむ練習になるので、生後6ヶ月くらいの子にプレゼントであげることが多いです。

これ、YouTubeで動画を見てもらいたいんですが、大人でもちょっと夢中になる動きをするんですよね。
カタカタと音も心地よいし、手に感じられる振動も楽しいです。

最初は片手で振りまわすようにして遊んで、そのうち両手で持ちかえるようになります。
バンボに座らせて持たせておくと、いつまでもカタカタカタカタと夢中になって遊んでいました。

7位 河合楽器 ミニピアノ

少し高いですが、長く使えるものなので・・・。
我が家はナチュラルの木目のものを購入しました。
インテリアのことを考えてこの色にしましたが、ブラックも素敵です。

カワイのミニピアノはいくつかシリーズがあります。アップライトタイプもありますね。

まず、鍵盤が32鍵のものと25鍵のもの。
32鍵であれば、結構いろんな曲を弾くことができます。

そして天板が開くものとそうでないもの。
ナチュラルのものは、天板が開くのですが、音が少し開放的になります。

カワイのミニピアノは、どれも電子音ではなく、金属パイプを鍵盤で叩く方式で優しい音がします。
調律は不要で半永久的に音が狂うことはないそうです。

脚はクルクルとネジ式になっており、取り外すことも出来ます。
ハイハイ時期に購入したので、乗りかかると少し心配だったので脚は最初外しておきました。

私が弾いて遊ぶつもりでしたが、私の真似をしてすぐにピアノで遊ぶようになりました。
音を出しては凄く嬉しそうにこちらを見る様子は、本当に可愛いですね。
1歳2ヶ月の現在では、鍵盤をひとつずつ弾くことが出来るようになりました。
私の真似をして楽譜を読むような仕草をします(笑)

楽譜は32鍵用のものを購入しました。

6位 ルーピング

0歳3ヶ月頃から知育玩具探しを始めて、最初に欲しいなぁと思ったのがルーピングでした。
当時はまだ早かったので、どうしようか悩んでいたところ、こどもちゃれんじbabyの6ヶ月号でルーピングのエデュトイが届いたので、結局買わずじまいです。

こどもちゃれんじのルーピングはボーネルンドのものに比べると簡易なつくりですが、本当によく遊びました。
最初は、パーツをかちゃかちゃと指ではじいているだけでしたが、段々と親指と人差し指でつまむようになり、向こうからこちらに移動させることができるようになります。
1歳頃まで、スタメンおもちゃでした。

大きいものもありますが、それは買わなくていいんじゃないかなーと個人的に思います。
大型のもので遊べる頃には、ルーピングよりもっと複雑な遊びが好きになっているように思います。

小括

とりあえず10位から6位までのご紹介でした。
後編はこちら。

【おもちゃ】0歳代のオススメおもちゃランキングBEST10【5位→1位】
娘は現在1歳4ヶ月になりました。 毎日よく走り回って遊び、よくお喋りをし、絵本や図鑑が大好きで、物怖じしない好奇心旺盛な子に育っています。...

0歳代のころは張り切ってちょこちょこと色んなおもちゃが欲しくなっていたですが、飽きて遊ばなくなることも多く、発達が進むと一気に興味がなくなることが多いです最初はお口に入れて遊ぶことが多いので、高額なものは1歳すぎても長く遊べるものを厳選してチョイスするのが良かったなーと少し後悔しています。

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 子育てブログ 2015年4月~16年3月生まれの子へ
にほんブログ村
ランキング参加しています

にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村 子育てブログ 2015年4月~16年3月生まれの子へ
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする