7.寝かしつけのレスキューアイテム!スワドルミーに救われた

出産後2ヶ月間、赤ちゃんはこんなに寝ないものなのかと本当に苦労しました。

ジーナ式にチャレンジしようと産前に準備をしていたのに、退院したその日からすっかり諦めてしまい、授乳での寝かしつけ→抱っこでユラユラ歩く寝かしつけ、とジーナ式では良くないとされている「続けるには親が大変な入眠の習慣」を行っていました。

あの頃は、とにかく寝てくれるのであれば後のことはその時になったら考えようという気持ちでした。

寝かしつけの救世主、スワドルミー

2ヶ月が過ぎた頃、つまり生後2ヶ月になる頃、娘の眠りに少し改善が見られてきました。

4.ジーナ式ネントレを始めるまでー0ヶ月編
現在のように娘が夜通し自分のベビーベッドで眠るようになるまでは、本当に大変な思いをしました。 生後0ヶ月から7ヶ月現在までの、紆余曲折...
6.ジーナ式ネントレを始めるまでー1ヶ月編
現在のように娘が夜通し自分のベビーベッドで眠るようになるまでは、本当に大変な思いをしました。 夫婦で娘を交互に抱っこし続けて、二人とも...

きっかけは、娘が日中に初めて一人で勝手に寝たことで、「眠る」ことを学習してきているように感じたことです。

これを機にネントレに再チャレンジしようと思って、寝かしつけグッズを再検討しました。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

スワドルミーとは

スワドルミーとは、おくるみのことです。

エイデンアンドアネイのガーゼおくるみなど、正方形のものを持っている方は多いと思いますが、スワドルミーは簡単に赤ちゃんにとって心地よいフィット感にくるむことができ、動いてもほどけにくくなっています。

スワドルミーの使い方

両足を筒状の布の中に入れて、両手を気をつけの状態、または胸のあたりにもってくる状態にして、左右の布をマジックテープで止めるようになっています。

スワドルミーは何が良いの?

低月齢の赤ちゃんは、子宮の中でぎゅっと丸くなって寝ていた心地よさに慣れており、抱っこをするときも背中がまあるくなるようにと指導されるかと思います。

眠るときも、身体をキュッと包んであげた方が、安心できるそうです。

大人からみたら、「少し窮屈そうだな」と感じるくらいが心地よく眠れるし、モロー反射で目を覚ましてしまうこともなくなるので、昔からおくるみでミノムシのようにくるんで寝かせていたそうです。

普通のおくるみでもいいのですが、おくるみは正方形のものが多く、ガーゼ素材のものをお持ちの方が多いと思います。

ガーゼのおくるみで赤ちゃんをしっかりと包むのは、なかなか難しくて、すぐにほどけてしまいます。

スワドルミーは、最初から簡単に赤ちゃんの体を心地良いフィット感で包めるようにできており、また、足の部分だけを開くこともできるので、腕の部分をとらなくてもオムツ替えが出来るようになっています。

スワドルミーで背中スイッチが完全OFFに!

我が家では、生後2ヶ月になった頃からスワドルミーを使うようになりました。

生後0ヶ月の頃から、背中スイッチ対策でベビーベッドにゆたんぽをセットしていたのですが、それでもそーっと置かないと目を覚ましてしまう状態でした。

ゆたんぽについてはこちら↓

4.ジーナ式ネントレを始めるまでー0ヶ月編
現在のように娘が夜通し自分のベビーベッドで眠るようになるまでは、本当に大変な思いをしました。 生後0ヶ月から7ヶ月現在までの、紆余曲折...

また、「安眠ガイド」に従って生活習慣を整えていき、夜の19時を目安に寝かしつけをするようになって夜中に目を覚ますことが減ったものの、肝心の19時の寝かしつけは30分から1時間は抱っこしてユラユラ歩き回らなければいけませんでした。

安眠ガイドについてはこちら↓

5.ジーナ式以外のネントレ本
ジーナ式ネントレ(「カリスマ・ナニーが教える赤ちゃんとおかあさんの快眠講座」)の他に私がオススメするネントレ本をご紹介します。

スワドルミーを使ってみると・・・

授乳して、オムツをチャックして、スワドルミーでキュッとつつんで、そのまま何もせずにベビーベッドに置いてみました。
扉を閉めて真っ暗にし、そのまま廊下で様子をうかがっていると・・・

泣かない!

しばらく息を殺して聞き耳をたてていても泣かないので、そーっと扉を開けてベビーベッドを覗くと、寝ている!!!

騙されたと思って使ってみようと思ったのに、本当に寝たことに驚きました。
友人は生後すぐから使っていたそうですが、「寝かしつけに苦労したことはない」とうらやましすぎる発言・・・。

私も意地を張らずに最初から使えば良かったと後悔しました。


洗い替えを含めて3枚あれば充分だと思います。

サイズは2種類あり、S/MサイズというものとLサイズです。

S/Mサイズは3kgー6kg、Lサイズは6.5kgー10kgが目安になっています。

実際に使ってみると、「なんかきつそうだけど大丈夫?」と心配になるのですが、キュッとくるんであげる方が安心して眠れるようでした。

Lサイズも同時に購入したので、5kgくらいの頃にLサイズを使ってみたのですが、腕を出してしまったためか夜中に目を覚ます回数が多かったです。

スワドルミーって安全なの?

我が家でも使い始めは夫が心配していました。

スワドルミーでくるんでみると、なんかちょっと可哀想に見えるんですよね。。。

確かに、生後5,6ヶ月頃になってゴロゴロ寝返りをしながら動くような子にとってはそもそも心地よいものではないし、うつぶせから戻れなくて危険かもしれません。

我が家は2ヶ月から使用しだしましたが、寝返りを始める頃にはスワドルミーなしでもすっかり上手に眠れるようになったので、あまり動かないうちに使い始めてネントレを軌道に乗せてしまうのがオススメです。

また、上半身の部分はフィットする形状ですが、脚を入れる筒状の部分はゆったりした形状です。赤ちゃんは脚をM字にパカッと開いて寝るので、スワドルミーを巻いていても脚は自由に曲げられるようになっています。

赤ちゃんの股関節の形成を阻害する心配はありません。

夏のスワドルミーの使い方

我が家は冬生まれだったので、ロンパースを着せてスワドルミーでつつんでいましたが、夏場はオムツ一枚にコットンのスワドルミーだけを使う方が多いようです。

寝室にはクーラーを使って、赤ちゃんが暑がって目を覚ましたり、汗をかいて脱水症状を起こすことがないよう気をつける必要があります。

寝かしつけグッズは寝かしつけ担当者の救世主!

スワドルミーやおしゃぶり等、使わないと決めている方からすると色々批判の対象にされがちなものです。

でも、寝かしつけで苦労しているのは私だし、眠れなくて辛い思いをしているのでは娘自身だし、批判するなら代わりに寝かしつけてくれ!!としか思いません。どんな方法でも娘があまり泣かずに眠れるなら、娘にとってそれが一番良いに決まっています。

大変な思いをすれば報われるなんてことは絶対にないので、娘にとって快適で親が「楽をする!」これが一番大事なことだと思います。

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 子育てブログ 2015年4月~16年3月生まれの子へ
にほんブログ村
ランキング参加しています

にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村 子育てブログ 2015年4月~16年3月生まれの子へ
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. まんまる より:

    ブログ拝見しました。現在0ヶ月20日の新生児(娘)がいます。昼も夜も娘の機嫌で寝たり起きたりと睡眠ペースがつかめず、家事もできない何もできない状況にストレスが溜まりノイローゼ気味でした。藁にもすがるおもいで、色々と寝かしつけについて検索していたところ、こちらに辿り着きまし。とても詳しく当時のことが書かれてあって、わかる!そう、いままさにうちの子が!と声をあげて共感してます。そしてジーナ式実践を心に決めました!私も娘も楽して楽しく育児をしたいので、つかえる道具は使いますし、試せることは試そうと思います。
    辟易とした鬱な育児毎日から脱却します。
    このブログと出会えてよかったです。書いてくださってありがとうございます

    • ベンママ より:

      まんまるさん

      生後20日ですか・・・その頃は私も完全に抱っこ&授乳マシーンで、こんな生活がいつ終わるのかってことばかり考えていました。
      娘が目を覚まさないように、夫とも会話を極力しないようにして。
      大変な時期ですよね。

      ジーナ式、始めてみると特にお母さんにとっては泣き声に少しは耐えなきゃいけなかったり、本当にこれでいいのかって不安になったり、大変なこともあるかと思います。
      ですので、ジーナ式にチャレンジし続けることでかえってストレスになる、と感じたら一度休憩しても大丈夫です。
      まんまるさんとお子さんのペースで進めていいと思います。
      今しかない時間をまんまるさんが楽しめるように工夫して、楽して笑って過ごしましょう。

  2. rara より:

    はじめまして。
    ネントレをしようと考えている、4ヶ月半の息子のママです。
    ブログすごく読みやすくみさせていただきました。
    わたしも産前からネントレの本読みあさっていましたが、結局は楽さに負けて添い乳をしていました。

    日中がエルゴでの寝付きが早く、エルゴでしか寝なくなってしまいました。
    一番やりたいのは昼間寝をベッドで寝てくれるようになることですが、そのためには?まず添い乳をなくして、授乳後ベッドで寝るのが習慣化させるのが先かな?と思いまして、先に添い乳脱却を試みようと思っています。

    いまは18時半お風呂でそのまま添い乳で19時半に寝てくれて、1時くらいに起きて添い乳。調子がいいとそこから6時まで寝ますがダメなときは間でもう一回起きて遊びだしたりするかんじです。。。

    そこで質問なのですが、起きて授乳後にトントンで寝かせて、間でジーナ式だと22:30に起こして授乳とありますが、これは息子が起きる1時とかではNGなのでしょうか!?
    また間の授乳は起きて授乳して寝かせてトントンでいいのでしょうか。

    よろしくお願いいたします。

    • ベンママ より:

      rara様

      お返事すっかり遅くなってしまいました。すみません。
      私も産後すぐの頃に添い乳を試したこともあるので、添い乳は添い乳で楽だけではないこと分ります。。。
      寝かしつけが母親担当になってしまう点もありますし。

      ご質問の点、あまり朝に近い時間に授乳をすると、翌日の日中の授乳量が減ってしまうという点が問題なんだと思います。
      なので、じわじわと22時台に近づけて行くのがいいと思います。
      私も、自然と起きる時間からじわじわと22時台に起こす形に移行していきました。