ベンママの育児環境【0歳編】

夫婦共に実家は東京にありますが、特に里帰りはせずに出産しました。

両実家ともそれぞれ仕事があるし、家がすごく近いという訳でもないので、産後すぐから夫婦2人だけで育児をしています。

退院直後に、計5日間だけ実母にヘルプに来てもらいました。

里帰り出産について

妊娠中は、里帰りはかえって気疲れするし(実母が世話焼きタイプなので)、里帰りは絶対しないと決めていました。

・・・が、いまは里帰りすべきだったと思っています。

産後2ヶ月くらい、ほんとーーーにハードで、日中私の代わりに娘を抱っこしてくれる要員が必要でした。

2ヶ月になった頃、ジーナ式ネントレが成功して夜目を覚まさずに寝るようになったのですが、それまでは昼も夜も娘を抱っこして座って過ごしていました。

この頃のことは改めて記事にしたいと思います。

それに、産後すぐの頃はだいぶ根を詰めて育児をしていました。

かえって、自分の思い通りに動いてくれない実母がいてくれた方が、頑張らずに諦めることができて、色々手を抜くこともできたのじゃないかと思っています。

二人目があったら里帰りします・・・。

夫の育児環境について

我が家は夫婦共に自営業で、それぞれ勤務形態は自由です。

夫も、産後しばらくは自宅で仕事をしていることが多かったです。

とはいえ、夫の職場はコアタイムには出勤する空気なので、だいたい産後3ヶ月くらいは、午後5時間くらいは職場に行くようにしていました。

夕方のお風呂タイムくらいには、夫に帰ってきてもらっていた感じです。

7ヶ月になる現在は、夫は10時〜19時は職場にいるような感じです。

朝が少しゆっくりなので、娘とのふれあいは起床後から出勤までの間です。

保育園について

居住区は保育園激戦区なのと、今年の4月にはまだ生後3ヶ月だったので、早々に入園は諦めました。

ですので、まだ保育園には行かず家でお世話をしています。

ベンママの仕事復帰は、産後5ヶ月となる今年の5月でした。

復帰とはいっても、私は身内がボスの職場で働いているので、融通をきかせてもらい、週1回数時間だけ娘を連れて事務所に行く程度で、基本的には家で仕事をしています。

打ち合わせ等の予定で娘が同伴出来ない場合には、認可外保育を利用するか、夫に自宅にいてもらって娘をみてもらっています。

ただ、娘は完母で育ったためか哺乳瓶を嫌がるので、保育園であれ夫であれ長時間が預けることができずにいます。

今後離乳食が進めば、認可保育園の一時利用も活用していきたいと思って見学を進めているところです。

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 子育てブログ 2015年4月~16年3月生まれの子へ
にほんブログ村
ランキング参加しています

にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村 子育てブログ 2015年4月~16年3月生まれの子へ
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告